ビマトプロストとは

まつ毛用の育毛剤ということで、ルミガンという商品が、注目を集めています。ルミガンを使うと、なぜまつ毛が濃くなるかというと、実はビマトプロストという成分が大きく関係をしているといわれています。ビマトプロストというのは、そもそもは、緑内障の治療薬ということで、開発された成分を指します。
緑内障の患者に対して、ビマトプロストを投与します。すると、房水の流出を促進する働きがあります。房水というのは、眼圧を保つ役割のある、目の中に含まれている水分のことを言います。重要な役割を果たしているのですが、一方で、房水が多すぎてしまうと、眼圧がどんどん上がってしまうという結果につながってしまいます。すると、緑内障の発症を引き起こすリスクが出てきてしまうわけです。そこでビマトプロストを使って、水抜きをすることで、適度ながん夏に保つ必要があるわけです。
ビマトプロストは、1日1回の使用で十分な効果を期待することができます。むしろ、これ以上多い頻度では使用をしないべきとされています。あまりに頻繁に使用をすると、かえって、眼圧を下げる効果の出てき方が鈍くなってしまうという副作用が出てくる恐れがあります。しかもこちらの成分は、私たちの身体にとって、都合の悪いような副作用が起きるリスクも少ないというところが、一つの魅力になっているということもできます。
このビマトプロストですが、副産物として、まつげのけの長さを長くしたり、まつげのけの太さを濃くしたりといった効果も期待することができるということが分かってきたのです。そこでビマトプロストを配合したまつ毛育毛剤ということで、ルミガンという商品が登場してきたわけです。ルミガンが、まつげの薄い人に対して期待されているので、しっかりとしたバックグランドをもっている成分が配合されていることが大きく関係しています。
ただし、緑内障治療の場合には、妊婦さんや授乳中の人、眼内円という症状にかかっている人は、使用を控えるように言われるケースもあります。もし気になるのであれば、あらかじめ、医者の方に使用をしてもいいのかどうか、相談をしておいた方がいいかもしれません。