ルミガンとは?

まつ毛が薄いことが、一つのコンプレックスになっている人もいるかもしれません。もしまつ毛が薄いのであれば、髪の毛と似たような発想をしてみるのも一つの方法です。髪の毛が薄くて悩んでいる人は、育毛剤を使って、抜け毛予防をすることが一般的かと思われます。それと同じで、まつ毛が薄い人もその対策として、まつ毛に育毛剤を塗ってみるという方法があります。実は現在、まつ毛用の育毛剤というものが発売されています。それがルミガンやケアプロストと呼ばれるもので、通販サイトなどでも注目を集めている商品となっています。
ルミガンは、まつ毛の育毛効果のある薬のことを指します。育毛剤というと、髪の毛の育毛剤などを見てみると、確かに効果などについて、眉唾ものの商品も多いことは否めません。しかしルミガンは、眼科でも取り扱われているような、きちんとした育毛剤なので、安心して利用できるところが、大きな特徴です。
ルミガンの主成分は、ビマトプロスと呼ばれるものなのですが、緑内障という目の病気の治療薬として、もともと使われていたものです。ところが緑内障の人に、このビマトプロスを投与したところ、副作用として、まつ毛が長くのびるようになったということから、まつ毛育毛剤ルミガンとして、新たに販売されることになったという背景があります。
アメリカには、FDAという組織があるのをご存知でしょうか?FDAというのは、アメリカで流通している食料品や医薬品の安全性について、テストをしている期間のことを言います。このFDAでも、ルミガンについては、使用認可を与えています。FDAは世界の中でも権威のある期間として知られていて、しかもその検査基準については、かなり厳しいという評判があります。ですから、安全性の部分では、世界的な機関がお墨付きを与えているということになるわけです。
ルミガンは現在、日本の有名なメーカーからも販売をされています。点眼タイプになっているので、簡単に塗布することができるようになっているので、一度試してみるといいかもしれません。
もともとルミガンというのは、緑内障の治療薬として開発された成分が使用されています。ですから、もし使い方を誤って、目の中に成分が入ってしまったとしても、心配をする必要はないと思ってください。そもそも、点眼剤ということで緑内障の治療で使われている商品ですから、目の中に入れても問題はないからです。